さるオヤジの何を今更

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるオヤジの 何を今更

今更ながらいろいろと奮闘してます。その自己満足的な記録です。

盲亀の浮木3連発!!

f:id:fukubuggy:20160316182249j:plain

盲亀の浮木

【読み】もうきのふぼく
【意味】出会うことが甚だ困難であることのたとえ。また、めったにない幸運にめぐり合うことのたとえ。
【注釈】大海の底にすみ、百年に一度海面に出てくる盲目の亀が、海面に浮かぶ一本の木に出会い、その木の穴に入ることは容易ではないという話から。

スポンサーリンク


こんにちは、前回の「兎角亀毛」の記事を書いて、最近、故事ことわざに関心のあるさるオヤジです。

先日、まさにタイトルの「盲亀の浮木」のような出来事が起こりました。しかも、3連続で。ちなみに「めったにない幸運」ではなく「出会うことが甚だ困難である」のほうです。

自販機で

会社の軽自動車で工事書類の提出のため、市役所に向かう途中、ふと、缶コーヒーを飲みたくなった私は、バス停に置いてある自販機の前に車を止めました。

自販機には先客があり、おじいさんが小銭を入れているところでした。
おじいさんの後ろで待っていると、小銭がおつり返却口に落ちてきて、それを出してまた投入口に入れてという動作を繰り返している様子・・。

きっと古い10円硬貨かなんかで機械が受け付けないのかな?と思って、
「硬貨を替えるといいですよ」と話しかけました。

すると、おじいさん
「高価なものは買わんけど?120円でいいとよ」

いやいや、高価じゃなくて、っと言いたい気持ちを抑えて、ちょっと大きな声で
「硬貨を交換したらたぶん入りますよ、ちょっと見せて」

見てみると5円玉が二枚・・・。ちょっと笑いながら
「5円玉はだめですよ~、10円玉持ってないですか?」

おじいさん、ポケットに手を突っ込んで
「持たん、あんた持ってないね?」
持ってた10円玉を渡すと、おじいさんすぐに投入、今度はランプが点灯、おじいさんリアルゴールドのボタンを押してガシャン、無事に出てきました。

いらないと言うのに、悪いからと5円玉二枚を私に返して
「助かった、今日は飲めないかと思った」とおじいさん。

何でも、散歩途中のこの場所でリアルゴールドを飲んでまた家に戻るというのが日課らしく、いつも120円を握って家を出てきているそうで。

余計に持ってくると無駄遣いしてしまうからとか、1円玉はだめだと思ったけど5円玉なら大丈夫だと思ったとか、以前の自販機は5円玉も使えた(たぶん勘違い)などとおじいさんの話を聞いているところへ、今度はおばあさんが近づいてきました。

バス出たやろか?

私はいきなりの質問にびっくりしながらも、腕時計と時刻表を交互に見て
「あー、5分前に出てますよ。次は40分後に来ますよ」

するとおばあさん、絶望的な表情で
「あら~、困った・・・。お兄ちゃん、どこいく?」

えっ、まさかと思いつつ、おそるおそる
「役所まで行きますけ・・」

言い終わる前に、おばあさん
「助かった~、乗せてってくれん?バス代払うけん」
うまく断る自信もなかったんで、おじいさんにお別れを言って、おばあさんを乗せて出発。おばあさんと10分間のドライブとなりました。

知らない人との車中での気まずい雰囲気を心配する必要もなく、バスの本数が少なすぎるとか、孫が言うこと聞かないのは嫁のせいだとか、昨日は土筆を食べたとか、そんな話を聞いてるうちに、市役所に到着。駐車場での別れ際にいらないと言うのに、悪いからと260円と塩飴1個を私に押し付けて、しっかりとした足取りで、市役所の中へ入っていきました。

駐車場で

私も市役所に入り用事を済ませた後、階段を下りながらさっきの出来事を思い浮かべました。人助けをしたという充実感、自分も嫁さんも歳をとってあんなお年寄りになるのかな~とか、こんなんめったに無い事だから記事にしよう、タイトルはなんて書こうかな~とか、いろんな事を考えながら、駐車場まで下りてきました。

車に戻りカギをドアに突っ込んで回そうとしましたが、あれっ回らない。
運転席の窓から中を見ると、見慣れない手提げバッグが置いてあります。しまった、うちの車じゃない。
その車の2台向こうに駐車していた、会社の車と間違えて、他人の車のドアにカギを突っ込んでいたのでした。

慌てて、カギを抜いて
「あ~、もう、おんなじ車や~ん、色もおんなじやも~ん。まちがえた~、こっちやった~」
と、無意識に独り言を言いながら誰にも見られていないことを願いつつ、自分の車に乗り込み急いで駐車場を出ました。

いや~、自分で自分の顔が赤くなっていくのがわかるくらい、恥ずかしかったです。


以上、私の身に起きた「盲亀の浮木3連発」でした。3つ目はただの失敗談ですけど(笑)

ついでに

前回の「兎角亀毛」に続いて今回の「盲亀の浮木」カメ繋がりで来たんで、ついでに我が家の陸ガメでも見てください。
ロシア陸ガメで、ホリスフィールドとかヨツユビとか言われたりもします。
きっと癒されますよ~
fukubuggy.hateblo.jp

それでは今回はこの辺で、読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村

スポンサーリンク