読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるオヤジの 何を今更

今更ながら、いろいろと挑戦中。

MNP手続きのためドコモショップへ 格安スマホデビューのつもりが結局機種変更に

おやじ日記

f:id:fukubuggy:20160704181816j:plain
さるオヤジです。
    スポンサーリンク


私、スマホデビューして三年半になりますが、いまだに最初に買ったスマホ、富士通のARROWS F10Dを愛用してます。

今回、そろそろ機種を変更すると同時に格安スマホへの変更ももくろみ、MNPの手続きにドコモショップへ行って来ました。

今使ってるF10Dですが、バッテリーの減りが早くて、購入後、一年半後くらいには夕方までもたないような状態になりバッテリーのみ交換。その後しばらくは1日中もつようになったんですが、最近また減りが早くなってきました。

必然的に、充電回数も頻繁になるんですがこのF10D、使っている最中の本体温度が異常に高くなります。夏場に途中で充電したくても本体が高温のため充電できません、って表示が出て充電出来ずに、車のエアコン吹き出し口に当てながら使ったりと、苦労していました。(冬場はカイロ並みに温かくて重宝してたんですけどw)

そんな理由と合わせて、前回機種変更からの2年縛りが外れてる事も併せてMNPの手続きに行った次第です。


ドコモショップが苦手

実は、私、ドコモショップが苦手なんです。別に店員さんの態度とか店の雰囲気が悪いとかそういう事は全くないんですが、呼ばれてからの女性店員のマンツーマン接客がどうも居心地悪くて、早く終わらせたい気持ちになるんです。

今までの機種変更でも「防水仕様のヤツを」と伝えるだけで、勧められるものを「じゃあそれで」みたいな感じで、キャンペーン中だからと要らないソフトをたくさん入れてもらって帰る・・、みたいな感じでした。

しかし、今回は違います。格安スマホについてはかなりリサーチしましたし、機種についても防水仕様のARROWS RM02を予定しています。

【現在7,000円位のスマホ代が、格安スマホ〇〇モバイルで5分かけ放題の〇〇でんわを合わせても、3,800円程度になる】

この入念に調べあげた情報と月料金シミレーションの結果を引っ提げて、いざドコモショップへ解約とMNPの手続きに行った訳です。


ショップにて

ネットで来店予約していたこともあって、すぐにカウンターへ案内されました。今回、私の接客をしてくれるのは若い頃の松たか子似(例えが古い)の純朴そうなお姉さんでした。

以下、たか子ちゃんと私のやりとりです。


「こんにちは、いつもありがとうございます。MNPのお手続きですね?」

「はい」

「今回解約される理由を教えていただけますか?」

「格安スマホに変えて月々の料金を安くしたい事と、気になる機種があるんで・・」

「さるオヤジさん、今現在はカケホーダイとデータSパックの適用で月々7,000くらいですね~」

「はい」

「解約後の電話会社はお決まりですか?」

「はい、〇〇モバイルにするつもりです。〇〇でんわなら5分かけ放題ですし、機種代込みでも4,000円以下かと・・。」

「そうですか・・。さるオヤジさんの場合、ドコモのご使用期間が23年3カ月ありますから、ずっとドコモ割も適用になってるんですけど・・。ちょっともったいないですね」

「はあ、そんなになりますか~」

「はい、長期間のご利用ありがとうございます」

解約でドコモメールアドレスが使えなくなることは了承済みですか?」

(え?、そうか@docomoは使えなくなるのか!たしか小学校のPTA連絡用に、メールアドレスを登録してたな・・、他にも未だにメール送ってくる人いるけど・・。ほとんどLINEだし・・、まあ何とかなるか)

「はい」

事務手数料に2,000円お支払いいただきますが、了承いただけますか?」

(たしか〇〇モバイルにも事務手数料3,000円払うんだったな・・、合わせて5,000円か・・。まあしょうがないか)

「はい」

「今回、中途での解約となりますので、違約金と合わせて11,500円(金額は明確に覚えてませんが)のお支払になりますがよろしいですか?」

(え?このスマホ3年半使ってるんだから機種代払い終わってるよな。ひょっとしてたか子ちゃん間違ってる?

「2年以上経ってるから違約金とか発生しないんじゃ・・」

「2年ごとの更新ですので、あと半年、契約期間が残ってますよ~。来年の2月か3月でしたら違約金ゼロになりますけど」

どうやら大きな勘違いをしていたようです。そこからたか子ちゃんの怒涛の契約内容解説が始まったんですが、要約すると、私の場合MOVA~FOMA~Xiと変わっていって、契約タイプもタイプ2ねんとかXiカケホーダイとか変遷しているらしく、そして今現在が2年契約の半年残しの状態だそうです。

正直言うとよくわかりませんでしたw。

「違約金、もったいないですね。さるオヤジさん、さっき気になる機種があるって言われてましたけど、何ですか?」

そう言われて、〇〇モバイルのページをスマホの画面に映してたか子ちゃんに見せました。

「arrows Fit F-01Hですね!在庫ありますよ。ちょっとお持ちしますね」

(いやいや、ARROWS RM02なんですけど・・、ひょっとしてたか子ちゃん間違ってる?

「こちらです。この機種、防水防塵仕様になってます」

もう一度、スマホの画面をたか子ちゃんに見せて
「ARROWS RM02なんですけど・・」

たか子ちゃん、画面を見る事なく
同じですよ。正確にはこちらのF-01Hの方が生体認証まで付いてるんで、今のF10Dに近い仕様です。」

スマホの画面とたか子ちゃんが持ってきた赤いF01Hを見比べて・・、確かに同じ。


違約金の発生と、RM02とF01Hが同じであるとの想定外2連発で、格安スマホへの乗り換え一色だった私の頭の中は思考停止寸前に追い込まれました。

それと同時に、あの早く帰りたい病がムクムクと沸いてきます。

「こちらに機種変更した場合、月々サポートの適用で月27円で、実質648円になります」

(安っ!もうそれでいいか~。早く帰りたいし・・、でも赤はチョットね~。でもこんな中年オヤジに赤を持って来たって事はこれしか在庫が無かったんじゃないか?よし、赤しか無いんだったら何と言われても今日は帰ろう)

「じゃあ、機種変更でいいですけど、赤はチョットね~。他の色あります?」

白、黒、緑。全4色在庫あります。すぐ全色お持ちしますね

(あるんかい・・)

ず~っと笑顔のたか子ちゃん私の前に4色のF01Hを並べて

「どの色がお好みですか?」

(ああ、早く帰りたい)
「じゃあ、白で」

「では今お使いのスマホをお預かりして、初期設定に10分ほどお時間いただきます」

「はい、よろしく」

約束通り約10分後

「さるオヤジさん、お待たせしました。今回の事務手数料2,000円と、初回端末代(と言ったような気がする)で5,400円合わせて7,400円になります」

(ん?さっきの実質648円はどうなった?あ~、月々サポートとか何とかで割引されて最終的にって事なのかな?早く帰りたいし、まあいいか)

「どうも」
支払いを済ませ、たか子ちゃんの

「どうも、ありがとうございました」

の声に、店員さん全員が
「どうもありがとうございました」

ちょうど、着信で新スマホが鳴った事もあって、出口まで見送りに来るたか子ちゃんから逃げるような感じでそそくさと店を後にしました。何回来ても、この感覚は苦手です


ARROWSの進化

という事で、ここからは気を取り直して、arrows Fit F01Hを使った感想です。と言ってもまだ3日しか使ってませんが・・。
左がF01Hで右がF10Dです。
f:id:fukubuggy:20160704173304j:plain

当たり前ながら、一言でいうと3年の月日の間に格段に使いやすくなってます。通話状態も良好ですしバッテリー持ちも安心して使えます。何より熱くなりませんw。

一番驚いたのは、指紋認証です。

前機のF10Dは何度なぞっても認証されなくてイライラすることもあったんですが、今度のF01Hはほぼ一発で認証されます。画面もきれいで、動作もサクサク、F10Dと比較しての使用感ですが、大変満足しています。
F01Hについて興味がある方はこちらをどうぞ
www.nttdocomo.co.jp


最後に

今回、格安スマホデビューを予定していた私ですが、結果的にただの機種変更になってしまいました。解約に関してほとんどリサーチしてなかったことが敗因かと反省しています。

それにしてもドコモショップ・・。やはり苦手です。

実は、今回、更にドコモショップが苦手になる恥ずかしい事件がもう一つあったんです。

さっきのドコモショップを出る場面の新スマホ着信の下り、スマホの画面で相手を確認して通話ボタンをタッチしたんですが、かけてきたお客さんの声が小さくて全くと言っていいほど聞こえないんです。

横のボリュームボタンと思われるボタンを押し続けても改善されません。こちらの声は聞こえてるようなんで、「かけ直します」と言って、一方的に通話を切ったあと(不良品かも?)と思い、店内に戻ろうとした直後、たか子ちゃんが

さるオヤジさん、フイルムフイルム、それ剥がさないと聞こえませんよ~

どうやら、この一連の流れを観察していたらしく、これまでのやりとりの中で一番の笑顔で半笑い気味に声をかけて追いかけてきました。

スマホをよく見ると、傷防止のフイルムがきっちりスピーカー部分を塞いでます。

「ああ、ほんとだ。これじゃ聞こえないよね。ははっ」

そう言いながら、恥ずかしくて赤面し、汗が吹き出している状態を悟られまいと車に駆け込みました。
このフイルムです。
f:id:fukubuggy:20160704173138j:plain
最初から、外してくれてればいいのに・・。

以上、たか子ちゃんの最後の半笑い笑顔がいつまでも脳裏に焼き付いて、しばらくはドコモショップの前は通りたくないと思うほどの恥ずかしい体験をした、さるオヤジでした・・。

きっとあのお客さんから着信があるたびに、この恥ずかしい体験を嫌でも思い出すに違いありません・・・(泣)

にほんブログ村