さるオヤジの何を今更

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるオヤジの 何を今更

今更ながらいろいろと奮闘してます。その自己満足的な記録です。

ボトル缶コーヒー5品比較 味 香り 売り文句とか

f:id:fukubuggy:20160820183849j:plain
どうも、さるオヤジです。

私は兎に角コーヒーが大好きです。
そもそも何で?兎に角 - さるオヤジの 何を今更


朝から夜寝るまでの間に、ボトル缶コーヒーを少なくても4本、多い時は6本くらい飲みます。

それはこの暑い季節でも変わらずで、コーラやお茶を飲むよりもコーヒーを飲んでのどの渇きを癒してます。

それでもちょっと前までは、「コーヒーの飲み過ぎは体に良くない」と昔から言われていたことを鵜呑みにして控えてたんですが、この記事を書いて以降は安心してグビグビ飲んでます。
fukubuggy.hateblo.jp
(ちなみにコーヒーマシンは未だ検討中で購入には至っていません。)

そんなボトル缶コーヒーですが、私が飲んでいるのは主に5種類で、その時の気分や状況で買い分けてコーヒーブレイクを楽しんでます。

そこで、その5種類をその特徴や味や香りなどをそれぞれの売り文句も交えてご紹介します。

スポンサーリンク


プレミアムボスブラック

最初は、間違いなく今までで私が一番多く飲んでいるサントリー〝プレミアムボスブラック”です。

売り文句

「ボスブラック史上最高峰のコク」

使用豆

「ブラジル最高等級豆」

味、香り

売り文句にもあるように、深いコクを感じるコーヒーです。

豆を極限まで挽いた「微粉砕コーヒー」とコクを一層引き出した焙煎豆が絶妙にブレンドされていて、まさにプレミアム。

深煎りコーヒー豆から抽出したコーヒーオイルも加えられていて、一口ごとに、しかも最後まで深い味わいを感じる事ができます。

お勧めのシチュエーション

仕事終わりにこれをグイッとやると、豊かなコクとともに更なる達成感、充実感を味わうことができます。

ヨーロピアン香るブラック

次は缶コーヒーの定番ジョージアの〝ヨーロピアン香るブラック”

売り文句

「専門店仕立ての味わい」

使用豆

「コロンビア・ブラジル・グアテマラ」を26、25、25%使用。残り24%は香料?

味、香り

このコーヒーは独特の風味があります。コーヒー専門店「猿田彦珈琲」との共同開発だそうで、「アロマ密封焙煎」によるものなのか、口に含むと如何にもブラックコーヒーですって感じで主張してきて、焙煎された焦げ臭さや、苦味も感じる事ができます。

一口飲んで、ガツンとくるその香りと苦味を味わいながら少しずつ飲む感じです。

お勧めのシチュエーション

これは間違いなく、残業やってるときですね。

今日中に仕上げなければいけない仕事とか、書類作りとか・・。

気合を入れて作業する時や眠気を晴らしたい時に特におすすめの一本です。

バリスタズブラック

続いては伊藤園の〝バリスタズブラック”です。

売り文句

「焙煎をこだわり抜いた香りとコクのブラック」

使用豆

「アラビカ豆100%」ブラジル、キリマンジャロ、コロンビアを8:1:1でブレンド

味、香り

一言でいえば、上品な口当たりと香りのするコーヒーといったところでしょうか。

タリーズのバリスタが監修という事なので、万人受けしそうな味になっているのだと思います。

濃いブラックコーヒーが苦手な女性もすんなり飲めるような味です。

アラビカ豆って?

このバリスタズブラックに表記されている「アラビカ豆」ですが、これは品種名で、ロブスタ種、リベリカ種と合わせてコーヒー豆の三大原種と呼ばれています。

日本で流通している豆は、このうちの「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2種類です。この2種類の違いを簡単にいうと、アラビカ種はロブスタ種より神経質な品種で手間がかかるが豊かな風味がある。しかもカフェインはロブスタ種の約半分。

つまり、アラビカ種はロブスタ種よりも高級な品種って事になりますね。

お勧めのシチュエーション

特にはありませんが、飲み会の次の日の朝なんかはよくこれを買って飲んでます。

ブラックコーヒーだけど口当たりが柔らかくてスーッと飲めるような感じですね。

でも、味が薄いって意味ではなくしっかりとした風味はあります。

ワンダ極ブラック

次はアサヒの〝ワンダ極ブラック”

売り文句

「老舗の情熱、深煎りの極み」

使用豆

「モカブレンド豆」

味、香り

このコーヒーも珈琲屋さんの監修で、創業80年を超える老舗「丸福珈琲店」監修の缶コーヒーです。

日本人の繊細な味覚に応えるために、長年の研究でたどり着いた焙煎法「深煎りの極み」によって、コク深いながらも飲みやすいコーヒーを実現したそうで、その通りに飲みやすく癖のないコーヒーになっています。

ただ味に特徴のない感じでボトルに書いてある〝極”からイメージする苦味みたいなものはあまりありません。

バリスタズブラックに似た感じの味で、ブラック飲みてーって感じの時には、少し物足りなさを感じます。

お勧めのシチュエーション

ちょっとコーヒー飲み過ぎたけどもう一本飲みたいって時には軽めでちょうどいいですね。

プライベートリザーブブラック

最後はジョージアの〝プライベートリザーブブラック”

売り文句

「蔵出し熟成豆のコク」

使用豆

「蔵出し熟成豆」?

味、香り

このコーヒーは、はっきり言って薄いです。アメリカンと言うか、水っぽいと言うか、私には物足りない味で、ほとんどお茶です。

収穫したコーヒー豆を果肉がついたまま貯蔵庫で50日以上長期熟成させた。果肉から水分が失われる過程で果肉の甘み・酸味・うまみが豆に移行凝縮されるという。

とありますが、とても凝縮されているようには思えません。コーヒーは好きだけどブラックは苦手って人が飲むにはちょうどいいかもしれませんが・・。

お勧めのシチュエーション

人から差し入れにもらった時、もしくは昼食時のお茶代わり。

まとめ

コーヒー好きのみなさん、いかがでしたか?私の味覚に基づいて5品のボトル缶コーヒーを紹介させていただきました。それぞれに対するみなさんの印象はいかがでしょうか?人の味覚はそれぞれですから、私と全く正反対の意見の方もおられるかもしれませんね。それはそれでまた良しとして、いつかそんなコーヒー談義をしながらコーヒーブレイクをしたいものですね。

最後にコーヒーの意外な効能について書かれたこの記事を紹介します。それでは。
macaro-ni.jp

にほんブログ村
スポンサーリンク