読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるオヤジの 何を今更

今更ながら、いろいろと挑戦中。

「このタコッ!」って言葉は本来目上の人に向けた罵声。だから部下を叱る時は「このイカッ!」って言うのが正解らしい?

意味・語源

f:id:fukubuggy:20170309114102p:plain
どうもです。みなさんは「このタコッ」って言ったりしますか?

この言葉、何となく部下とか後輩とかに向けて使いがちですけど、由来的には目上の人間に向けた言葉らしいんです。
スポンサーリンク



どういう話かというと、

時は江戸幕府時代。幕府に仕える旗本と御家人の話。

旗本も御家人も幕府直属の家来という事で大変威張っていたそうですが、その身分は「旗本」の方が「御家人」より上でした。
旗本 - Wikipedia

つまり「旗本」は儀式などの将軍様が出席する席に参列する御目見以上の家格を持つ者の総称で、旗本になると、世間的には「殿様」と呼ばれる身分だったそうです。

対して「御家人」は
御家人 - Wikipedia

こちらは将軍様に直接会う事が出来ない、御目見以下の家格に位置付けられた者を指す用語とだったそうです。

そればかりか、御家人は原則として、乗り物や馬に乗ることは許されず、家に玄関を設けることができなかったそうです。

もっとも、有能な御家人は旗本の就く上位の役職に登用されることもあったようで、原則として、3代続けて旗本の役職に就任すれば旗本の家格になりうる資格を得られたそうです。
この頃から、能力優先的な考え方があったんですね。


という事で「旗本」>「御家人」=「御目見以上」>「御目見以下」という構図が成り立っていた事になります。

ここからが本題です。

「旗本」が「御家人」に対して言いました。

お前たちは御目見以下だろっ。この御目見以下っ。以下っ。このイカッ!

これに御家人が言い返します。

俺たちがイカならあんたらはタコだ。このタコッ!

これが「このタコッ!」の由来です。子供の喧嘩みたいで面白いですね。

でも何でタコは定着してイカは言わなくなったんでしょうか?タコの方が言いやすいからかもしれませんね(笑)。

という事で、今後、部下や後輩を叱る時には「このイカッ!」

上司に向かってキレる時には「このタコッ!」と言うのが正しい使い方?となります。

以上、酒の肴にはタコもイカもどちらも大好きなさるオヤジでした。

スポンサーリンク