さるオヤジの 何を今更

今更ながらいろいろと奮闘してます。その自己満足的な記録です。

紙巻き煙草の禁煙からプルームテック、そしてアイコスへ

f:id:fukubuggy:20180325083613j:plain
絶賛禁煙(紙巻き煙草)中?のさるオヤジです。

思えばもう2年以上も禁煙(紙巻き煙草)が続いています。
www.saru-oyaji.xyz

飲み会や食後(特にラーメン)の一服の誘惑に負けずに、よく禁煙(紙巻き煙草)が続いているものだと我ながら感心?します。
www.saru-oyaji.xyz

禁煙(紙巻き煙草)としているのは、思いもよらない展開からの誘惑に負けて、「プルームテック」を嗜むようになったからです。
www.saru-oyaji.xyz

少しの間試してすぐ辞めるつもりだったんですが、今では互換バッテリーと純正キットの2段構えで、しっかり煙草カプセルを定期的にネットで購入しています。
www.saru-oyaji.xyz

そしてこの度、ついにアイコスデビューもしてしまいました。

今回のきっかけはただ単にコンビニで新アイコスのパンフレットを見かけてどうしても吸いたくなったから(我ながら好奇心の旺盛さに感心します)です。

実は以前も試してみようと思って購入を試みたんですが、その頃は入手困難で定価以上の金額で売られている物をネットで手に入れるしかありませんでした。
さすがにそれは抵抗があったんで、その時は諦めていました。

コンビニに置かれていたパンフレットを見て、また吸いたい欲望が復活したという訳です。

入手方法

コンビニでも買えそうでしたが、割引の方法がややこしそうだったんで、公式サイトに会員登録して3000円の割引クーポンをゲット、そのままオンラインストアで注文しました。

注文した二日後には届きましたよ。
f:id:fukubuggy:20180324165623j:plain
本体と充電ケーブル類、クリーニングキット、マニュアルが入っていました。

今回購入したアイコスは2.4PLUSという物で旧型と変わった所がパッケージに貼られていました。

  • 充電時間の短縮
  • 加熱ブレードの改良
  • バイブレーション機能を追加

等が変わった点みたいですが、旧型知らないからピンときません・・。

レビュー

ではここから新型アイコスをレビューします。

と意気込んで早速吸ってみようとしたんですが初期充電はされておらず、お預けとなりました。

取りあえず、ポケットチャージャーを充電。
f:id:fukubuggy:20180324170858j:plain
ところがマニュアルにはどれだけの時間で充電が満タンになるのか書かれていないようです。

LEDが全部点けば充電100%という表記はありますが、時間については記載なし・・。

よく判らないまま、1時間位充電してホルダーをインしました。
f:id:fukubuggy:20180324171418j:plain

ここからさらにホルダーの充電待ち(4分ほど)です。

f:id:fukubuggy:20180324172041j:plain

コンビニで3つのヒートスティックをチョイスして準備は万端です。

先ずはスムースレギュラー(シルバー箱)を突っ込みます。
挿入(意外に力が要ります)して電源ボタンを長押しすると、バイブレーションと同時にLEDが点滅し始めました。
f:id:fukubuggy:20180324171531j:plain

この点滅が点灯に変われば(約20秒)準備完了です。

いざ、緊張の一瞬・・・。第一服は・・。

熱っ

吸うと同時にフィルターを伝って熱を唇に感じました。

これはプルームテックには無い感覚で、紙巻き煙草以上に熱さを感じます。

味は・・。

きなこ味?

紙巻き煙草っぽい感じはしますが、どうもきな粉風味のような味わいです。

自分の味覚がおかしいのかと思って、「アイコス きなこ」で検索してみると
「きなこっぽい」とか「芋っぽい」とか多くの人がそう思っているようで、自分の味覚のせいではないようです。

でも決して不快な感じではなくて、慣れれば逆にクセになりそうなレベルのものです。

ミント(緑の箱)も吸ってみました。

きな粉風味のメンソールって感じです。

次にパープルメンソール(紫の箱)。

甘い香りのするきな粉風味のメンソールで・・す。

結局、大なり小なりのきな粉風味がします。

でも嫌な感じではありませんが。

プルームテックと比較

f:id:fukubuggy:20180324210217j:plain

見た目

アイコスのほうが短くて、デザイン的にも何となく煙草っぽいですね。

これもアイコスのほうが煙草に近いです。何より口触りが煙草と同じ紙フィルターですからね。それに吸ったときに伝わる熱は紙巻き煙草同等かそれ以上ですからより煙草に近いと言えます。

使い勝手

これに限ってはプルームテックの方がいいですね。充電だけしていれば吸いたいときにすぐ吸えて、途中でやめたくなったらすぐに仕舞えますからね。
アイコスの場合は、吸う前の準備が必要ですし、吸い始めも吸い終わりも決められている感があります。

詳しく言うと、アイコスはボタンを押して20秒間で準備ができて、吸い始めて6分間、もしくは14回吸い込むとバイブレーションが機能してそれから30秒もしくは2回吸い込むと電源がきれてしまいます。
次を吸うためには、ホルダーの充電時間4分間を待つ必要があります。

メンテナンス

プルームテックはほぼメンテ不要なのに対し、アイコスは20本使用するごとにクリーニングが必要です。
f:id:fukubuggy:20180324211756j:plain
まあそんな大層な手間ではありませんけどね。

最後に

というわけで、これからはアイコスとプルームテックの併用となりそうですが、段々とアイコスだけになるだろうと思います。

アイコスに慣れてきたら、プルームテックはやっぱり物足りない感がありますので。

そしてアイコスでも物足りなくなって、結局、紙巻き煙草に戻ってしまうのか?ここからは、私の意志の強さの見せ所です、はい。
(と言うより、プルームテックやアイコスを吸いながら禁煙中だと言うこと自体が自分に甘々ですね)

紙巻き煙草を禁煙をするなら最初にアイコス、その後にプルームテック、これがおすすめです。

ですよ~千日さ~ん。怖いもの見たさにアイコスどうでしょう?(笑)。
sennich.hatenablog.com
以上、順調に禁煙を頑張っている人には、魔を差したくなるさるオヤジでした。

それでは~。