さるオヤジの 何を今更

今更ながらいろいろと奮闘してます。その自己満足的な記録です。

息子と二人旅 二泊三日の猛暑大阪めぐり 道頓堀~大阪城~USJ~あべのハルカス~通天閣 

f:id:fukubuggy:20190817104144j:plain
どうも、ご無沙汰してますです。

毎日暑い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は先日、お盆休みを利用して、息子と二人で大阪旅行に出かけました。

お盆休みは毎年のように家族で旅行に出かけていますが、今年は真ん中の娘が受験生で塾通いのため留守番で、娘一人を置いて行くわけにもいかず嫁さんも留守番って事になり、息子との二人旅となりました。

これまでも息子と二人で野球を見に行ったり、山登りに行ったり釣りに行ったりしたことはありますが、二人だけで泊りの旅行に行くのは初めてのことです。

息子に行きたいところを聞いてみると即答で

「大阪城とUSJ」

それならばと、日程を二泊三日にして二日目は丸一日USJで遊んで、初日と最終日に大阪観光をする計画でチケットを手配(JTBのお姉さんに丸投げです)。張り切って旅程を考えました。

家族旅行の時はいつも嫁さんに全部お任せで気ままに楽しんでいましたが、今回はそうはいきません。

息子との二人旅を楽しい旅行にするためにも、移動手段や所要時間など綿密に計画を立てました。

ということで私が立てた旅程。

1日目
新大阪駅着~道頓堀~大阪城~万博記念公園~ホテル
2日目
終日USJ
3日目
ホテル~あべのハルカス~通天閣~新大阪駅発

前言撤回、綿密というより漠然ですw。

初日の万博記念公園は、息子への軽いサプライズとして太陽の塔内部観光を事前予約しておきました。

新大阪着が10時30分、帰りは14時新大阪発の新幹線の旅です。

博多駅まで嫁さんに車で送ってもらっていざ大阪へ息子と二人旅の出発です。

大阪駅着

大阪へは消防団の旅行や友人らとの旅行で3回ほど来たことがあったので、JRの環状線や地下鉄には多少ながら地理があります。

新幹線のチケットが「→大阪市内」でしたので、新大阪駅からJR線に乗り換えて大阪駅へ。

駅構内の人の混雑ぶりに圧倒されながら、先ずは身軽になるために荷物を預けるコインロッカーを探します。が・・、早速予期せぬ事態が発生。

どこのコインロッカーも満車って言うんでしょうか?とにかく1階から3階までどのコインロッカーも空きがない!

荷物をホテルまで運んでくれる佐〇急便のカウンターを見つけましたが30分以上はかかりそうな長~い行列・・。

(このまま予約しているUSJ直近のザ シンギュラリホテルまで行って荷物を預けて戻ってこようか?)
(いやいや、それより早く道頓堀へ行って息子に大好きなたこ焼きを食わせてやるべきか?)

息子も人の多さとコインロッカーに空きがない事に多少不安になっている様子です。

「よし、たこ焼き食いに行くぞ」
ゴロゴロとスーツケースを引きながら地下鉄梅田駅から御堂筋線で道頓堀へ向かいました。

道頓堀着

10分程でなんば駅で降りて地上に出ると強烈な日差しと熱気です。この日(8月11日)の大阪の最高気温は37度ですが、体感的にはもっとありそうです。直ぐに額から汗が落ちてきます。

辺りを見渡すと??

思っていたところと違う地点に出たような気がしたんで、グーグルマップをスマホで確認。すると一人のおじさんが寄って来て、
「兄ちゃん、どこ行きたいねん?ん?」

と話しかけてきました。
「道頓堀へ行きたいんですが、思っていたところと違・・」

「そこの金龍ラーメンから右行って次を左や」

言い終わる前だった事と大きな声にびっくりしましたが、

「ありがとうございます」
とお礼を言って言われた方向に歩き出すと後ろから、

「右行って左やで」
と念を押してくれました。

振り返っておじさんに会釈をして、息子に、
「大阪に来たって感じになってきたな~」

なぜか私も声が大きくなっていました。

おじさんに教えてもらった通りに歩くと、見覚えのある景色が広がってきました。
道頓堀のえびす橋です。ちょうどお昼時のせいなのかいつもの事なのか大勢の人で賑わっています。

橋の中ほどで立ち止まって左後方へ目をやると大阪のランドマーク、グリコサインが。
f:id:fukubuggy:20190817104319j:plain
息子も私の目線を追ってグリコサインを見つけると
「あっ、グリコやん。すごっ!でかっ!」
テレビでよく見かける風景を実際に見て興奮気味のようです。

道頓堀名物の様々な3D看板を見ながら、たこ焼きが大好きな息子のためにお店を散策します。
f:id:fukubuggy:20190817104405j:plain
どのお店も話題のお店や名店揃いで、おいしそうです。

f:id:fukubuggy:20190817104501j:plainf:id:fukubuggy:20190817104440j:plain
しかしながらこの猛暑の中です。路上のベンチや屋外の飲食スペースで食べる事態は避け、冷房の効いた店内でゆっくり食べさせてやりたい。それを条件に探した結果、私たちが入ったお店は「くれおーる」さん。
くれおーる 道頓堀店

食べログ くれおーる 道頓堀店

店内に入ると、三組ほどの先客が待ってましたが店内は冷房が効いていて快適に待つことができました。

しばらく待って席に案内され、たこ焼きとお好み焼きを注文して、私は生ビール、息子はコーラで水分補給です。
f:id:fukubuggy:20190817111339j:plain
お母さんがいたら二人ともウーロン茶になってたかもな~、なんて話しながら二人で大阪グルメを満喫しました。

その後、店を後にして一通り道頓堀観光を終えた私たちは、来た道を戻って再び地下鉄なんば駅に向かいました。
親切に道を教えてくれたおじさんを探したんですが、残念ながらもう見かけることは出来ませんでした。

大阪城着

地下鉄なんば駅から鶴橋駅まで行ってJR環状線(内回り?)に乗り換えて大阪城公園駅で降りると、右手には大阪城ホール?そして前方には小さく天守閣が見えています。

最近、戦国武将等の日本史に興味が出てきた息子は、またまた興奮気味です。かく言う私も大阪城は初めてですので自然と歩くスピードが上がります。

重いスーツケースをゴロゴロと引きずりながら、早速コインロッカーを探します。
駅を出て程なくコインロッカーを見つけることができました。心配していましたが、ちゃんとスーツケース用の大きいやつも完備されています。

ところがです。またしてもコインロッカーが満車、空きがありません!
「うそや~ん」

遠くに見える天守閣を見ながら
(あそこまでこのスーツケースを引きずりながら行くのか~)

そして私のコインロッカーへの怒りの矛先は、嫁さんへの憎悪へと変わっていきます。

実は、出発前に荷造り中の嫁さんとこんなやりとりをしていたんです。

「二泊三日と言っても男二人だからリュックかなんかで十分入るんじゃない?」

「でも帰りにお土産だの何だので荷物が増えるんだから、全部ひとまとめにできるスーツケースの方が良いでしょ?」
「男二人って言うけど真夏に歩いて回るんだから着替えも多めに持って行かないと。どうせホテルで洗濯なんてやらないでしょ?」

「やらないね~・・」

「新幹線降りたらコインロッカーに預けて身軽にすれば良いじゃない」

「そだね」

てな感じで言いくるめられてしまった訳ですが、ここに来てこの展開に沸々と怒りがこみ上げてきます!

少し気持ちが萎えそうな私に

「お父さん、僕が持って行くよ」
と息子。

これには流石にもう一度気合が入りました。

そこから息子と交代しながらスーツケースを引きずり、滴り落ちる汗を拭いながら天守閣を目指しました。

きれいに舗装されたところは良いんですが、ガタガタになった舗装や石畳や石段はスーツケースを抱えながら進みます。

外堀を渡り(どんだけ幅広いねん)
f:id:fukubuggy:20190817104905j:plain

青屋門をくぐり(顔面蒼白っちゅうねん)
f:id:fukubuggy:20190817104939j:plain

極楽橋(ってか熱波地獄やん)
f:id:fukubuggy:20190817105025j:plain

気持ちはまるで、太閤秀吉に貢ぎ物を持って旅をしてきた地方大名のような心境です。

この大阪城にも例外なく大勢の観光客が来ています。

中には私たちと同じ様にコインロッカー難民と思われる人もいて、やはり重そうなスーツケースをゴロゴロと引いています。

そんな人を見ると、秀吉に貢ぎ物を届ける同志に思えて不思議と親近感が沸いてきます。

欧米人の観光客も多く、その中にもやはりコインロッカー難民と思われる人がいます。

おお、南蛮渡来の貢ぎ物ですか?等と心の中でつぶやきながら、休み休み天守閣を目指すこと30分位でしょうか、ついに天守閣の下までたどり着きました。
f:id:fukubuggy:20190817105407j:plain
私も息子もクタクタです。

二人でペットボトルのお茶四本を汗に変えました。

しばらく天守閣を見上げて達成感にひたったあと天守閣観覧入口付近に目をやるとまたまた長~い行列が・・。

仕方なく列の一番後ろに並ぼうと歩き出すと、
「お父さん、こんなに近くで見れたからもういいよ。ホテル行って休もう」

私に気を使っているのかとも思いましたが、あれだけ大阪城を楽しみにしていた息子が休みたいと言うってことはこの暑さの中を歩き回って本当に疲れているんだなと思いました。

熱中症にでもなったら大変です。
「よし、もう少し日陰で休んでホテルに行こう」

近くの日陰に座り込んで天守閣を見あげながら休んだ後、太閤秀吉にお目通りが許されずに重い貢ぎ物を持って天守閣を後にしました。
f:id:fukubuggy:20190817105442j:plain

ホテルへ

大阪城公園駅まで戻り、環状線で西九条駅まで行って桜島線に乗り換えてユニバーサルシティ駅まで30分くらいで着きました。
駅の改札を出たら目の前がザ シンギュラリホテルです。
www.candeohotels.com

ちなみにこのホテルの「シンギュラリ」ってのは「ただひとつであること」って意味だそうです。

このホテルに着くまで、息子はとにかく眠そうな様子で部屋に入るなりベッドに倒れ込んでそのまま寝てしまいました。
(朝も早かったしな~)

そんな息子に、太陽の塔の内部観光を19時から予約しているとはとても言えるはずもなく、この暑さを考慮してなかった自分の旅程を反省しつつベッドに横になりました。
(太陽の塔のチケット代もったいなかったな~)

仮眠の後、夕食はユニバーサルシティの飲食店街でオムライスを食べました。3組ほど待ちましたが、とてもおいしかったです。
tabelog.com

その後、ホテルに戻り、14階にある大展望露天風呂で汗を流し、早めに休みました。

f:id:fukubuggy:20190817100814j:plain
内風呂、露天風呂、サウナがありました

と言う訳で計画通りには行かなかった初日でしたが、熱中症にならずに何とか無事に猛暑の旅行初日を終えることができました。
たなみにこの日のスマホ万歩計は11,000歩ほど。息子も暑い中よく頑張りました。

2日目は朝6時起きで朝食後、7時からUSJアーリーパークインの予定ですが、少し長くなってしまいましたので旅行二日目のUSJのくだりはまた後日書かせていただきます。

これがまた、2日目も暑かったんですw。それでは~。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
スポンサーリンク