さるオヤジの何を今更

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるオヤジの 何を今更

今更ながらいろいろと奮闘してます。その自己満足的な記録です。

ひらがな「や」について 最近「や」が「や」じゃなくなってる?

f:id:fukubuggy:20160502114207j:plain
どうも、さるオヤジです。

スポンサーリンク


記事タイトル、変でしょう?

先日、小学生の息子の日記を見ました。面白かったこととか、その日の出来事を書いて先生に提出して、先生が感想だのを書いて返すって感じなんですが、その時、誤字脱字も赤鉛筆で添削してあります。

それを読んでいて、息子の書いている「や」に違和感を感じました。息子に聞くと、みんなそうやって書いてるし、先生もそう書いているという返事。

確かに「や」の部分に赤鉛筆は無く、先生の添削はスル~してます。

とはいえ、やはり気になります。
息子の書いている「や」は2画めの短い棒がはねてあって途中で止まり、突き抜けてないのです。「や」は2本とも突き抜けて書いている私にとっては、納得いきません。

試しに、中学生の娘と嫁さんにも書いてもらいました。結果、娘は息子と同じはねて突き抜けない「や」。嫁さんは私と同じ2本とも突き抜ける「や」という事がわかりました。

これは、いつからか「や」が「や」じゃなくなったということでしょうか?ではいつから?

息子たちが書く「や」
f:id:fukubuggy:20160502111352p:plain
私たちが書く「や」
f:id:fukubuggy:20160502111428p:plain

「や」は「也」
調べてみると「や」はもともと「也」。
という事は、やはり突き抜けて書くのがホントのような気がします。

Wikipedia「や」では

平仮名の「や」は、やのように上が離れる字体とやのように続く字体がある。ゴシック体と大概の明朝体は前者、草書体と一部の明朝体は後者である。

どちらでもいいようです・・。

という尻すぼみな結果になってしまいましたが、小学校で教える「や」がどこからか変化したのは間違いないと思います。

みなさんはどっちの「や」を書いてますか?

「か」の点は1画めの端っこに引っ付けて書きますか?
「そ」は1画で書きますか、2画で書いて点打ちますか?
「さ」はどうでしょう?


どれも伝わりにくくてすみません。

まあ、どっちでもいいことですがちょっと気になったもんですから、記事にしてみました。もういい

にほんブログ村

スポンサーリンク